10月20日(土) 15:30〜、7月に開催した【4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会】→前回のセットリストを見る)の続編を開催します。
かつてレコード会社がしのぎを削って発売した4チャンネル対応ソフトは現在、SACD や DVD Audio で再発売されているものもありますが、いまだにレコードでしか聴けない貴重な音源も多数存在します。そうした貴重な音源を持ち寄り、本格システムで再生するイベントです。好評につき、続編を開催します。

今回はパワーアンプに当時の VICTOR MCA-V9 を使用して、4チャンネルレコード全盛期当時の音の再現を試みます。また、前回 SQ 盤の再生には VICTOR DR-3 内蔵の擬似デコーダを使用しましたが、今回は Sony 純正の最高級デコーダ SQD-2020 を使用、また近年開発された豪州I nvolve Audio 社の Surround Masterとの聴き比べも予定しています。

前半(15:30-17:00)はディスクリート系の CD-4 方式のレコード、後半(17:20-19:00)はマトリクス系の SQ 方式や RM 方式のレコードをかける予定です。

※4チャンネル・ステレオ・レコードの持込も大歓迎です(CD-4, SQ, RM などほぼすべての方式に対応しています)

使用機材(予定)
アンプ:  Victor DR-3 + Victor MCA-V9
SQ4デコーダー: Sony QSD-2020
スピーカ: Fostex GX100BJ x 4
ターンテーブル:  Marantz T8001

カートリッジ: Victor 4MD-1X + JICO 30-5X

 

4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会

日時 : 10月20日(土) 前半 15:30〜17:00/後半 17:20〜19:00
場所 : 東京都世田谷区玉川3-9-3 Stream Tamagawa 1FA エクスペリエンス・ストア二子玉川
参加費用 : 無料
お問い合わせ : 株式会社エクスペリエンス
(03-6672-4145 / 11:00〜19:30 水曜定休)
※フォステクスでのお問い合わせならびに予約の受付はできませんのでご注意ください

→4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会を予約する