スピーカードライバー開発、ネットワーク開発、エンクロージャー開発をライブで公開しながら、1年かけて一つのスピーカーシステムを作り上げるプロジェクト。

第4回のテーマは「ツィーター」です。
純マグネシウムのダイアフラムと内磁型のアルニコマグネットを使用したツィーターの音響性能をどのように調整していくのか。大注目です。


開発中のツィーター “T250A”


また、今回のシステム用にウーハーを開発する過程で誕生したフェライトマグネット 2枚重ねのウーハー、 W160F-HR に進展があったようですので、そちらの進捗も公開される予定です。

Phase1〜3に参加されていない方向けにウェブサイトにはアーカイブもございます。ご参考にどうぞ。(Phase 3 は現在編集中)

 


試聴用のエンクロージャー。試聴用 Box ならではの秘密も…?

 

今回もたくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。(無料です)
Fostex 6.5″ 2way Project Phase 4 を予約する