今朝 倉庫を探っていたらいくつかのスピーカーユニットを発見。
いつか楽しもうと思って入手していたものです。こういうユニットを使って楽しいスピーカーを作ってみたいですね。

 

 

まずは2012年のステレオ誌の付録、Scan-Speak の10cmフルレンジユニット。未使用の新品。こんなに楽しそうなのにまだ使っていなかったなんて。。。付録なのでさすがにフレームなどは樹脂ですが、どこか上品な佇まいです。

 

DIATONE P-610MB はダイヤトーンの50周年記念モデルとして復刻された P-610 の改良版。磁気回路は実際に使用するときには見えなくなってしいます。そんな箇所にまで昔のスタイルを踏襲しているところには惹かれてしまいます。復刻版とはいえ、そこからさらに20年以上経過していますので、復刻版すらもはやビンテージになってきていますね。

 

JBL LE8T は言わずと知れた 20cm フルレンジの名機。この個体はリコーン済のものです。このスピーカーユニットは国内ではサンスイが SP-LE8T というシステムに入れて販売していました。格子グリルのレトロな外観はかつてのアンサンブルステレオ全盛期のデザイン。このユニットはやはりフルレンジそのままで、現代的な音にはせずに(なかなか現代的にはできないと思いますが…)ゆったりとしたレトロサウンドを目標に仕上げて見たいですね。外観も。

 

リクエストが多ければ何かしらの箱を製作して聴けるようにしてみたいと考えています。