4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会(第4回)を開催します!

過去3回に渡って開催してご好評頂きました【4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会】の第4回目を9月14日(土)に開催します。

「4チャンネル・ステレオ・レコード」。普通のアナログレコードであれば近年はブームの様相を呈していますが、4チャンネル? 聞いたことすらない方も多いのではないでしょうか? それもそのはず、このレコードは今から40数年前に登場し、ちょうど40年前に最後のハードの生産が終了… つまり数年しか存続していなかった超レア規格なのです。

それでも前後左右のスピーカーから発せられる独特のアナログサラウンドサウンドに魅了された4chレコードのコレクターが世界中(?)には多く存在するとか?

当日はそんな “4ちゃんねらー” たちが二子玉川に集結! 複数の DJ が貴重な音盤を持ち寄り、4本の同一スピーカーから独特の音場で再現されるサラウンドサウンドをお楽しみ頂きます。今回は区切りの第4回。これまでの集大成として4時間にわたる長丁場で開催いたします!

当日はお客様にお持ち込みいただいた盤を再生することもできます。「聴いてみたい」「聴かせてみたい」という音源がございましたらお持ちください。
※会場の都合上、サラウンドエリア内での常時試聴が叶わない場合があります。(随時座席のシャッフルを行います)また、お時間の都合上全てのリクエストに対応できないことがあります。あらかじめご了承ください。


4チャンネル・ステレオ・レコードを聴く会(第4回)

使用機材(予定)
アンプ:  Victor DR-3 + Accuphase A-60
スピーカ: Fostex GX100BJ × 4
ターンテーブル:  Marantz T8001
カートリッジ: Victor 4MD-1X + JICO 30-5X