Phase 2 – ウーハー 1

6.5″ 2way Project の第2回, Phase 2 を2018年6月29日に開催しました。(当日の様子<テキスト>)Phase 2 ではウーハーの磁気回路、ダンパー、エッジを中心に説明と試聴を行いました。磁気回路についてはシミュレーションと実測の結果をご覧いただきながら設計のポイントなどを解説しました。また組み上げた試作品の、入力に応じた挙動の特性の実測値をご覧頂きながら、その数値の意味や今後の開発のポイントを解説しました。

開発中のモデルだけではなく、現行モデルの FW168HS や FW168HR のシミュレーション結果や実測値との比較を行うことで、商品の今後の開発の方向性を分りやすくご紹介しました。

アーカイブは公開日に参加された皆様の復習のため、途中から参加される皆様の予習のため、その他様々な方のご参考に、ご活用ください。


Phase-2 【ウーハー1】の様子(アーカイブ)


629 1/4 磁極の設計 : 各部の寸法を調整し、磁気回路の適正化を図る

6月29日 2/4 組立図 :磁気回路、フレーム、振動形部品を組み立てた断面図を作図する

6月29日 3/4 動作設計 : 振動系(ボイスコイル -Spider-Body-Surround)の動作状態をスピーカー測定/評価システムを用いて測定する

6月29日 4/4 試聴と総評

 

Project TOP